漢字と人間

Translated title of the contribution: Kanji and Humans

Research output: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter (Report)Other

Abstract

私の漢字の冒険は、十三歳の時、ニュージーランドのオークランドという町の中学で始
まりました。「漢字をどうやって勉強すれば良いのだろうか」と思って、先ずは他の学生と一緒に、反復習得法をやってみました。漢字がどういうものなのか、まだまだ余り分からず、毎日5つの漢字を 20 回ずつ書き、そのプロセスをまた5回繰り返していました。私のような、日本語を勉強し始めたばかり者には、これぐらいの約 100 字が読める能力で十分だったのかもしれませんが、日本での生活、日本での勉学を目指している学習者には足りないものに思えました。私の同級生は皆、日本文化をもっともっと深く知りたかったのですが、たった 100 字ではそういう目標を達成するのは無理でしょう。
それでは、外国人が常用漢字を習得するには何が必要でしょうか。外国人の場合には、
反復習得法ではあまり良くないのではないかと思えます。日本人にっとっても、最高の方法ではないと間違いなく言えますが、日本語教育を受けている外国人の場合は、時間が圧倒的に不足するせいで、反復習得法では無理だと思います。私は高校二年になった時、成績が良ければ大学に飛び級で入れるということを耳にしました。そして、直ぐオークランド大学東洋学部の日本語コースに入りたくなり、入学試験の為に色んな準備をしました。様々な日本語の習得方法を研究したり、図書館によく通いました。その時、素晴らしい発見をしました。反復習得法を止め、James W. Heisig 著「Guide to remembering the Kanji 」という本を頼りに、2日間だけで 500 字ほどマスターできたのです。私は特別記憶力が良い人間ではないし、漢字圏の国に興味はなかったのです
が、Heisig の習得方法の効果には吃驚仰天しました。それで、来日して外国人と日本人
に使われている漢字習得方法を研究することにし、将来日本と海外の漢字教育の問題を解決しようと決意しました。以下は、今後の漢字習得についての研究の第一段階です。
Translated title of the contributionKanji and Humans
Original languageJapanese
Title of host publication日本語・日本文化研修プログラム研修レポート
EditorsSaburo Ukida
PublisherResearch Institute for Higher Education, Hiroshima University
Chapter5
Pages72-84
Number of pages12
ISBN (Electronic)0917-9755
Publication statusPublished - 9 Jan 2009

Keywords

  • Chinese characters
  • Kanji
  • Japanese language education
  • Foreign learners
  • Reading comprehension

Cite this